FX(外国為替証拠金取引)のパターンには取引所取引という所がございます。普段の外為業者と売り買いを実施するという行動を「店頭取引」と言いますが、これは取引所を通さず商いの目標はFX業者になります。「取引所取引」という取引所は外為取引企業はとはいっても橋渡しありますので直接的のビジネスペアは取引所という訳になります。この相違をこの場で少し比べてみましょう。まず「店頭取引」の際は預金してある資金は外国為替証拠金取引(FX)業者に束ねされているのです。一方「取引所取引」の時、その証拠金は全てのお金取引所に預金しないとならないと義務になっているのです。そうすることによって万一外為(FX)会社が破産するといった話が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって証拠金が全ての額守護してもらえることになるのです。時は外為企業が束ねしているため、場面により企業経営の行き詰まりのしわ寄せをの傷を受けて預金していた資金は保護されないのかもしれません。その上税金の面からも両者に関しては規定に違いがあります。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として報酬と累計で届出をせねばいけません。一方確定申告しないで大丈夫な機会もありますのでわが身に共通するのかしないのかしっかりと確認していただきたいです。もしかしてあなたが勤め人でサラリー二千万円以下、給与の所得の範囲を超えた儲けが20万円以下(いくつかの企業から賃金所得はなし)という条項を守っている状態でいれば例外という訳で確定申告は不要でOKです。FX(外国為替証拠金取引)利益が二十万円以上場合は確定申告をしなければいけません。税金の度合いは収入に反応して5〜40%の6つの段階に区分されておりまして、実入りが高いのなら税金も上がってしまいます。「取引所取引」では、利益があるのであれば他の実入りとは別で考え「申告分離課税」の的になります。税率は全て同じ20%となるのですが、損失が決まったしからば「取引所取引」の益として損金分を翌年以降に先送りするということができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方が安価なtaxになる際もあるのでふまえて研究していった方が良いと思います。中でも未経験者の方なら、JASDAQ株価の動きや円の動きに配慮し、利益や赤字にスリリングながために、税金を払うという物事を忘れてしまいがちなってしまうこともありがちです。損金は困るのですが、収益が高騰すれば税金に関しても増加するので注目と自覚が大事です。