クレジットカードを持っていると月ごとに、契約しているカード会社からご利用明細が送られてきます。この利用明細内容にはどこで何時に何にカードをどれくらい払ったのかについての詳細内容が見やすい表になっているため、これまでの切った履歴を確認するにおいてたいへんたやすく安心です。代用はある意味使いにくいと感じるかもしれませんがミニカード利用の成績表っぽいものにすることも難しくないので貯金管理がもっとやりやすくなるはずです。なおこのクレカ明細書送られてから普通は半月ほどで利用代金の引き落としがされます。なのでこのクレジットカードご利用明細を確認してみて、感覚的に疑問に思うリストもしも頼んでもいないサービスが書かれていたら指定窓口に問い合わせて照会してもらえばいいだけでしょう。仮にスキミングによる詐欺などの正当でない支払いが判明したようであっても、クレカカードの名義者に落ち度がないようならほとんどの事例ではカード会社がそのような不明な使用をリストからはずしてくれます。最近ではこの価値の高いカードご利用明細をパソコン画面で確認できるクレカが非常に多いです。いつでもいつどのようなサービスを買ったかをモニタしておく決まりにして不正を防ぐのはもちろん家計簿の役目も果すので金銭管理もできます(インターネットで利用履歴を閲覧OKなブランドは前の取得ポイントや利用可能残高といったことも見ることがOK)。クレジットカードはこのような面でもとても力になるモノと言えるでしょう。