ついに仕かける時という局面では、何よりも下調べをおろそかにしてはいけません。取引を行う前であるならば、物事を客観的に眺める事ができるゆとりがあります。だがしかし、いったん売買の内部へ飛び込んでしまうと何をしても見解が偏ったものになってしまい、往々にしてしっかりとした状況がわからなくなるリスクを負います。それゆえに理性的な場面できちっと事前準備が重要です。その”準備”のためにはとにかくあなたの物語を描くことから始めます。今からのこの通貨は上がる(または下がる)から、ランドを売る(あるいは買う)といった自らの筋書きを書いていきます。次に大事なのはチャートを確認しましょう。それまでの為替レートの値動きを見極めて、現時点での相場をチェックします。そうしたら、「今のところ割りに高すぎる場面にあるな」など、または「大多数の方が取引しているから、この先しかけてもすでになすすべがない」などと見えてきます。当然ですが今はもう買い(または売り)するのがなすすべがないと考えたら、エントリーしないで、その場面では潔く割り切ることが必要です。どうやっても脚本を押し通そうとして諦めずにトレードすると、相場に跳ね返されてしまい、損害を受けることになりかねない。ただし大体の状況で、事前に準備している自分なりの物語を思い描いていくと仕かけるのが手遅れということにはならないと考えます。おそらく、リアルに外国為替市場が動き出す前のはずです。次に、差し当たり自身が取引しようと検討しているポジションの変動をちゃんと見る事が大切です。もし、円安が進むであろうという筋書きを書いたのであればドル円の動きに注目しておきます。外国為替相場の上げ下げをチェックし始めた状況ではまだその通貨は明確に上下動する素振りを見せず、上がったり下がったり小さな変化を繰り返しているだけだろう。しかしながら、その動きをじっとチェックしていると、あるポイントでゆっくりとドル高へと市場が向い始めます。このタイミングでようやくドル買いのエントリーします。普通、計画的に事前準備さえしておけば、そのエントリーで勝てる率は相当高まるはずだ。