外為取引(FX)においては取引所取引という取引がございます。日常的の外為(FX)業者と商売を実践することを「店頭取引」と言うのですが、この取引においては取引所を通行させないでビジネスのパートナーはFX企業になります。「取引所取引」という取引所はFX会社は仲だちでありますのでストレートの取引目標は取引所になっています。この違いをここでちょっと比べてみます。まず「店頭取引」の際は委託しておるお金は外国為替証拠金取引(FX)業者にコントロールされています。こなた「取引所取引」の折、その資金は総額取引所に預け入れしなければならないと義務にされております。そうすることによってもしも外為(FX)企業が経営破たんするというような事柄が例えあっても、後者は、取引所によって資金は全額擁護してもらうことになるのです。店頭取引の時はFX(外国為替証拠金取引)企業が管理しているから、場面により企業パンクの悪影響をを受けて預金していたお金は保護されずなのかもしれません。その上税金面からも両者においては取り決めに差異が存在します。「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として労賃と合算して申告しなければなりません。確定申告しないで良い際もある様ですのでわが身に適合するか当てはまらないかじっくり調査をお願いします。もしもあなたが労働者でサラリー二千万円以下、給与の所得他実収が二十万円以下(2.3の企業から賃金所得はないこと)といった基準を満たしているのであれば例外措置として確定申告は不要でOKです。外国為替証拠金取引(FX)利潤が20万円以上の折は確定申告するようにして下さい。税金の度合いは儲けに付随して5〜40パーセントの六段階に区分されておりまして、儲けが高いのであればタックスも高くなります。「取引所取引」に関しては、もうけがあればそれ以外の実入りとは分けておいて「申告分離課税」の対象となります。税率はすべて20%となるのですがもし損金が断定されたならば「取引所取引」の得策として損分を次年以降に繰越という事ができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価なtaxになる事もありますので比較してみた方が良いと考えます。特に未経験者の方は、株価の浮き沈みや円の状況に日々行き届き、もうけや損失に一喜一憂するあまり、税金に関しての事態を忘れ易くなることもあるので要注意です。赤字は困ります。でも、実収が増えれば税金に関しても高騰するので注意と自覚が肝要になってきます。