直接でないクレジットカードのやり方は容易です。75-13-100

クレジットによってダイレクトに購入できない販売物をダイレクトに購入するというやり方ではなく二次的に買い付けしたら得策です。75-10-100

解説が容易というわけでまずはじめにある商品券の事例を駆使して説明してみたいと思っています。75-9-100

モデルになる人が一流の服を持ちたいと思案して立っています。75-8-100

有名なカバンを置いている場所では購入したくてもクレジットで買う事が許されていません。75-11-100

でもMasterCard、NICOSなどの券を利用すれば支払いを認めてくれるといいます。75-14-100

という事で人はクレジットでギフト券を取り寄せしてギフトカード販売店に訪ねクレジットカードを利用してJCB、American Express、NICOSなどののギフト券を購入してみます。75-18-100

次にそのクレジットカードを駆使して買い取ったVISA、NICOSなどのギフトカードを店舗に持参して向かい、手に入れたかった一流のアクセサリーを注文したとしましょう。75-15-100

「なんで人は上記のような面倒な手続きをしてるの?」と考える人もいるかもしれませんが、実を言えば上記で述べた手法を用いることで普通だったら得られる事はないクレジットカードポイントがつきます。75-20-100

通常、直接お金を使う事で素晴らしい服を購入したりした時はキャッシングポイントは貯まりませんし、American Express、Diners clubなどの券を現金で取り寄せした上で駆使してもクレジットポイントは貯まりません。75-16-100

ところが今話した例、MasterCard、NICOSなどの券をカードで注文したためブランド服を買った状態と等しい数だけカードポイントがゲットできるのです。

こういう状態が直接商品を買わずにローンを使った事になるという理由により遠まわしに使うクレジットと言われる進め方です。