予想外に思いがけず出会うのが事故です。

ここでどんな風に判断したことにより保険料の受け取りも大きく差が出ることも予測できますので正確な考えと対策が不可欠です。

想像できないアクシデントに気が動転してしまうのならば必要不可欠な事を見過ごしてしまい自分自身がかなりの損を負わされることも考えられるので自動車事故に巻き込まれた場面では以下に記述した対処をします。

交通事故を起こしてしまった場合に一番にすべきなのは怪我をした方の状況の確認です。

車の事故の後すぐは頭の中が真白になって喪心状態になってしまう場面があり直ちに動けないのが普通です。

負傷した人がいたら危険が少ないところへ運んで処置して、119番通報する等して人命救助最優先に努めることが大事です。

119番に連絡する時は明確な位置を連絡して分かりにくい場合には付近の目に留まったデパートや番地名を連絡し事故の住所が判断できるようにします。

次に警察署に連絡して車の事故が起きた事、そして現在の様子を告げます。

救急車とパトカーを待っている時に負傷者の事を確かめます。

氏名、住んでいるところ、連絡先、免許証番号、ナンバープレートの番号、相手側の保険の会社名などなど自分だけでなく相手の情報を言います。

その場面で事故の相手方に非がある状況では、すぐに結論を出そうとする状況が考えれますがやり取りするのではなく、どういう状況であれ警察署や自動車保険の会社に知らせて平等に確認してもらうことが重要です。

それぞれの身元を交換したら交通のじゃまにならないために邪魔な物を道路の上からどかします。

万が一障害となった物が他の人の交通の邪魔になっている時にはそれぞれの情報交換をする前にそれを終わらせてしまっても問題はないです。

ここで自らの加入している自動車保険の会社に電話をして、自動車での事故が発生したことを届け出ます。

自動車の事故から特定期間内で自動車保険会社に知らせておかないと自動車の保険の適用除外にされる場合も想定されるのですぐに行うことが必要不可欠です。

さらに交通事故の手がかりとしてカメラや携帯電話のカメラ等を用いて事故の現場や自動車の破損箇所が分かる写真をを写します。

これは過失の割合決定する時にデータとなりますので、あなたの車や相手方の車の状態をきっちりと証拠写真として残しておきましょう。

この状況で他の人がいるのであればおまわりさんや保険屋さんの人が駆けつけるまで現場にいてもらえるように話しておくことも必要です。